上手に家具を移動する方法

家具移動料金

部屋の大きな家具移動する場合には力も必要となるため女性の方は苦労するはずです。また、移動することができたとしても、他の物や床に傷がついてしまう恐れもでてきます。これから引越しや模様替えの予定があるという方は、ケガをしないためにも上手に家具を移動する方法について知っておいたほうが良いでしょう。まず一番リスクが高い床の傷を対処することです。こちらの対処法としては、床に段ボールや毛布を引くことで解消されます。毛布の場合は引きずることで楽に移動をすることができます。

 

小さな傷も気にするという方は、元の場所から移動する場所まで段ボールや毛布を敷くようにすると良いでしょう。スーパーや100円均一、ホームセンターなどで段ボールを入手することができますが、入手する際には針金が付いているかどうかもチェックし、付いている場合は必ず取り除くことを忘れずに行います。他にも、滑り止めが付いている軍手を使うことによって家具を簡単に運ぶことができます。方法は滑り止めが付いている面を上にして、家具の4隅に軍手を挟むことです。

 

滑り止めがついているので、軍手がズレることなく安定して運ぶことができます。ただ、あまり早く移動させてしまうと軍手がズレてしまう可能性もあるのでそちらは注意が必要となります。移動をする場所がカーペットや絨毯の場合は、アルミホイルを使うことで簡単に動かすことができます。家具の下とカーペットやじゅうたんの間にアルミホイルを適当に切り、挟むことでスライドさせることが可能です。この方法を使うことによって持ち上げる手間が少なくなるので女性の方にもおすすめとなります。床に何かを敷くという方法以外にも、家具を動かすためのリフターを購入するというのも良いでしょう。リフターに関してはそれほど高額ではなく、数千円程度で購入することが可能です。費用が少しかかってしまいますが、動かす家具が多いという場合には購入したほうが労力も時間も節約することができます。

オーダー家具メーカーに相談して理想の家具を

家具移動申込

家に置く家具の種類や大きさ、配置などを考える時に妥協していることはありませんか?妥協している自覚がなくても、当たり前のようにして置きたい場所の長さをはかってそこにできるだけぴったりと当てはまるものを探しているのではないでしょうか。大前提として置きたい場所に入る大きさでなければならない上に、家のデザインとして理想的なものも選びたいと考えると家具選びは容易ではありません。そもそも家具は部屋の印象を決める大きな要因になるので、ここで理想を追求できなければ思ったような部屋は実現できません。ましてやミリ単位での狂いもなくぴったりとはまるものを市販のものから見つけてくるのはほぼ不可能に近いでしょう。しかし、オーダー家具ならそれが実現します。

 

オーダーできる家具は豊富にあります。例えば食器棚やキッチン収納、壁面収納や洗面台などです。また、オーダーの強みとしては、一般的には確実に売られていないような「あったらいいな」を解決してくれることにあります。極狭い幅だけどどうしても置きたい家具があったり、逆に大きなスペースが取れるから特別大きいものが欲しいという場合にも対応できますし、全く新しいものであっても直接相談して具体的な形や使用方法を説明できるので思い描いたのと寸分違わないものを作り出すこともできます。

 

家具はよほどのことがない限りはずっと使い続けるものです。生活スタイルの変化によって今まで使っていた家具の使い勝手が悪くなった場合も、作った家具に対してしっかりとした対応をしてくれる家具メーカーなら再度、そこからの改造してもらうこともできます。大きなダイニングテーブルが子供の独立で必要なくなった場合、使わなくなった勉強机、人生の節目でその時の理想の家の姿は変わります。ほんの少し隙間があるせいでガタガタする、埃がたまる。もう使わないけど処分が大変だから仕方なくそのままにしてある。そういったことを我慢することはありません。オーダー家具で、諦めていた理想の家を手に入れましょう。

引越しのトラブル-家具を壊された!

家具移動配送

引越しでは多くの荷物を運び出し、新居に移動することになります。その中で家具を破損されるといったトラブルは往々にして起こりがちです。そこで壊されたからといって頭ごなしに怒鳴っても問題は解決しません。むしろ冷静に対処することで事態の収拾を図ることができます。

もしも引越し作業中に壊れた箇所を発見しても、中断させるようなことは慎みましょう。あくまで仕事をきちんと終わらせてから落ち着いて抗議と交渉を進めるべきです。また破損に関しては、作業前に傷は無かったかという水掛け論の終始しがちでもあります。そのため作業前に家具や家電の状態を丹念に調べておくことも重要です。事前に知っておけばトラブルが起きた時にも正当性を主張しやすくなります。こうしたケースを見越して引越し専門店の中には、傷がある家具類の確認を最初に行うところも少なくありません。作業担当者と依頼人が立ち会いのもとでチェックしておけば問題の長期化を防ぐことができます。

 

トラブル対応に関する記述にきちんと目を通しておくことも、専門店選びの大事な要素です。家具破損では主に修理や代替品もしくは弁償金の支払いが行われることになります。ただ直すと言っても相手はあくまで引越しのプロであり、修理を専門とする技術者ではありません。そのため不満足な出来で返ってくることさえ予想されます。もしも修理すると提案された際には安易に任せないことも肝心です。あくまで専用の店舗に任せて、代金だけ請求するというのも賢い手といえるでしょう。

 

そもそもトラブルに遭わないためには質の高い引越しサービスを利用することが第一です。料金が安いからといって実績の薄い店舗に依頼するのは、かえってトラブルの要因となり得ます。今はインターネットでも気軽に閲覧できますから口コミに予め目を通しておくことが欠かせません。企業のホームページで作業内容や約款を一通り読んでおいて、引越しを無事に行っていきましょう。

引越しの準備で気をつけるポイント:家具の配置

家具移動申込

引越しの準備は忙しく、家具の配置まで考えていないという方が多いようです。何も考えずに当日を迎えてしまうと、適当に配置してしまい、後で後悔することになります。大きな家具は移動するのにも一人では大変ですし、危険を伴います。それらを避けるためにも引越しの準備期間に、次の引越し先の部屋での家具の配置について考えておいたほうが良いでしょう。まず何をすれば良いのかというと、間取り図を用意すること、持っていく家具を把握することです。

 

そこから、その場所で生活をすることを考慮しながら置く場所を考えておきます。ある程度決まってきた場合は紙に書いて置いたほうが、引越しの日にスムーズに家具を配置させることができます。どこに配置すれば良いかを悩むという方には、自分が移動することを考えて決めていきます。置く場所によっては部屋の中で動く際にストレスを感じてしまうこともあるためです。また、来客が来た際にも移動するのに苦労した場合には、あまり来たくないと思うはずです。そのため、置く物を紙や間取り図に書くのと同時に移動する線を記入したほうが良いです。

 

頻繁に移動する場所、あまり行かない場所など、色別に買いておくことをおすすめします。よくある失敗例は、家具が邪魔になってしまいテレビが見えなくなってしまうことです。テレビはリビングで見ることになりますが、料理をしながら見たり、ダイニングでも見ながら何かをやりたい場合には、どの位置からでもテレビを見えるように配置を考えておきます。他にも、大きな家具の場合は視界を遮ってしまい、部屋が狭く見えてしまうこともあります。部屋が狭く、圧迫感を生まないためにも、高い物に関してはできるだけ壁に配置をすることで上手な部屋作りをすることができます。配置を紙に書いて決めることが面倒な場合は、スマートフォンを使って決めることも可能です。スマートフォンのアプリは色々とあり、家具の位置を決めるアプリもあるため、そちらの利用もおすすめとなります。